-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-27 20:44 | カテゴリ:音楽あれやこれや
DSC_0609.jpg

先週末は、この度入会したビッグバンドにて、
早速飲み会しようぜという事になったので参加してきた。


いやー皆さん、元気なこと元気なこと…(ノ∀`;)


皆社会人なのに、下手したら学生よりも元気である。
大学の部活のノリを思い出して懐かしくなったww


そんな騒々しい明るいところなので楽しんでやってけそうです。

さて話は変わって、ドラムの話。
その飲み会の前に練習があったわけだが、
その時に私がどれぐらい叩けるか知りたいとの事で、軽くセッションをしてきた。


言わずもがな、ど素人なんで適当である。


そんなんなので最初ちょっと緊張したが、
ピアノとベースの方がリードしてくれたんで結果気楽に叩けましたよ。
いやーセッションって楽しいね!!

ただそん時にやっぱ言われたのが、
ハイハットの音量が足りない、ってことである。

私はハイハットはヒールダウンで踏んでしまうクセがあるのである。

やり方によるんだろうけど、
私の場合ヒールダウンだとどうしても音量が小さくなるし、キレが悪くなる。


なのでヒールアップで歯切れよく踏んだほうが良いとの事です。なるほどなるほど…....φ(・ω・ )


…しかし、今振り返ると,
左足ってまともな特訓したことが一度もない。

どーせハイハット踏むだけだし、
多分だれも聞いてないし、気にしてないだろうから良いやって感じでΣ(ノ∀`)


あー、ツケが回ってきたー…真面目にやっときゃ良かったー…


まぁ良い機会なので、これより左半身強化月間とします。
これで足攣ったら笑えんな…



-おまけ-

飲み会が遠方(郡山)につき、家に帰れなかったので、
メンバーの方(Sさんとします)の御実家にお邪魔させていただいた。

私含む遠方組5人がお世話になった。
朝ごはんまで戴いてしまって…とても感謝である(*´Д`*)

Sさんちにお邪魔すると、なんかモフモフと丸い毛玉のような物体があった。


1369529047743.jpg



リアルにゃんこ先生と言わざるを得ない体型。
ついカッとなってモフりまくった。今では反省している。
2013-05-21 22:18 | カテゴリ:音楽あれやこれや
ちょっとまずいクセがあることが最近になって発覚。

ロックとかだと、スネアを小節の2拍目、4拍目に入れるって言う暗黙の了解…
…というか、ほぼ確定的なルールみたいなのがあって、
それに倣って今までもそうしてきたわけである。

しかし、全てのジャンルでそういうわけではなかったりする。


カントリー、ジャズ、ロックなどの西洋の音楽(?)は、
ほぼ2拍4拍にアクセントを置くというスタイルであるのだが、
そこに必ずしもスネアが入るわけではない。と言うことである。


またまたジャズを例にとって挙げてみると、
ジャズの場合、2拍4拍のアクセントの役割を果たすのはハイハットのクローズなので、
入れなくても良い…というか、
場合によっては入れると流れぶった切りな感じになり、逆にまずい場合もある(曲調や編成に依る)。

…らしい(結構色んな人が言ってたから多分間違いないと思う!)


さて、これが意外と難しい。


最近、2小節区切りのジャズ基本フレーズをリピートでひたすら叩く、と言う練習をやっているのだが、


何故だか2拍4拍に入れたくなるんだこれが…('A`)


『そこに音符は無い!』と頭では理解しているのだが、
何回かリピートしていると2拍4拍のタイミングで手が勝手に動く。何これ怖い。


これはまずい。
何がまずいって、これじゃいつまで経ってもワンパターンのままではないか!


これは強制的に直す必要がありと判断…が…


なかなかクセが抜けきらないでござる('A`)
この、何かつい叩いてしまった瞬間の、なんと歯がゆいこと…イラッとするwww


あー催眠術とかで楽に治したいなー…orz

まぁ、結局は反復しか方法は無いので、
こういう弱点を早めに発見できて良かった、とポジティブに考えることにしよう…
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:ドラム
コメント(0) | トラックバック(0)
2013-05-11 19:33 | カテゴリ:音楽あれやこれや
また風邪をひいた…(´Д`)

GWあたりから周りの人たちがバタバタと発症しているので、
やばいかなーと思ってたら見事にうつされた。

ようやく治ってきたがまだ鼻が詰まって苦しいです。
風邪の辛さと言うより、安眠できないのが辛いww
頼むぞベン○ブロック。

さて、話は変わって、皆様にも『苦手なリズムパターン』と言うものがあると思う(唐突)

かく言う私にも沢山あるが、
中でも特に苦手なのが、ボサノバのリズム。

一応誤解の無いように言っておくが、このジャンルが嫌いと言うわけではなく、
あくまでも叩くのが苦手、と言うだけであるので御了承のほどを。

ボサノバのパターンって、一見単純に聞こえるんだが、
いざやってみると手足がこんがらがる事この上ない。

おそらく、このジャンルに関しては今まであまり量を聞いてないし、
実際に曲で叩いた経験が無いので、
単純に耳と体が慣れてないって事が大きいと思う。

しかし、これからジャズをかじって行く身としては
『ボサノバは苦手です☆』なんて言ってる場合じゃないわけで、
早急に何とかしないとならないわけである。


で、こういう風に苦手なパターン、フィルを持つ方に是非試してもらいたい手法がある。

実はこれかなりオカルト臭いワザなのだが、抜群に効果がある。マジで。

さて肝心のそのワザとは、

ただ単純に、




『目を閉じてパターンを刻む』




これだけである。


待って!ページを閉じないで!!!


ホント、騙されたと思ってやってみて欲しい。
少なくとも、習得するまでの時間がグッと短くなる(と思う)

何故これだけで出来るようになるのかは不明だが、
おそらく視覚をシャットダウンすることにより、その他の感覚がより鋭くなってウンタラカンタラ
って理論で大体合ってると思う。

もっと言うと、目を開けてると、どうしてもバチが視界に入るから
『あ、狙ったとか叩かなきゃ』とか余計なことを色々考えちゃうんだと思うんですわ。


かの伝説の武闘家も

moeyodragon.jpg

『考えるんじゃない。感じるんだ』


とか言ってるし、間違いないはずだ。
(※それとこれは違く無いか?という苦情は一切受け付けておりません)


というわけで、私はこの方法で苦手意識を克服し、
ボサノバの基本パターンをこんがらがらないように叩けるように成ったわけである。
効果抜群です。


さあ皆様も是非お試しください!!

(※効果には個人差が有ります)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。