-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-26 23:54 | カテゴリ:音楽あれやこれや
さて、前回のライブより、うちのギター君とベース君がワイヤレスシステムを導入しました。


私はもともと何も繋がってないからカンケーねーや とか思ってた。


が。


よく考えたら一つだけあった。

それは、


DSC_0250-2.jpg

こいつ。


だから何だと言われそうですが、こいつが意外と曲者。

当たり前ですが、人の顔は左腕よりも右側にあります。
よって、口に丁度いい位置にマイクを置くと、必然的にマイクは左腕の上を越えて来るわけです。


要するに

マイクスタンドが干渉して左腕が振り上げられない\(^o^)/

これが結構由々しき問題で、
例えば、右腕が忙しいから代わりに左でシンバル叩くぜ!ってときに、ごく稀に

ゴツッ

『あっ』


ってなったりする。

あとどうでもいいことで言ったら、マイクにあたって左手でスティックが回せないとかw

まぁ、この点に関してはセッティングを色々研究すれば何とかなる(?)としても

もっと厄介なのが、そもそも歌いにくいと言うこと。

座った状態で、顔だけマイクのほう固定で、尚且つ叩きながら歌うのって

想像以上にしんどいです。

まぁその体って繋がってるわけなので
他は動いてんのに顔だけあんま動かさないでってのって結構辛い。

その点考えるとブライアン・セッツァーってどんだけすごいんだって話になるんですけど。


というわけで、この固定マイクと言うのは私にとって如何ともし難い代物だったりする。


歌いやすさ、叩きやすさを兼ねた理想の形としては、

MIKU.png


こういう人とか


DSC_0254.jpg

こういう人みたいに、

ヘッドセットマイク付けて叩くのが一番なんですけど


これはこれで、見た目的にどうか。と言う問題が発生する。


いや、ヘッドセット使ってるのがダメというわけでなく、

我々のバンドの場合、
他はアナロジーなのに


ここだけなんか現代風!?



みたいな。

いや歌いやすいとは思うんだけどね。
ちょっと考えちゃいます。


あとは、フレキシブルマイクスタンドで、後ろ側からマイクを無理矢理持ってくるとか・・・
それはそれで邪魔か・・・


理想の形って難しい。
関連記事
スポンサーサイト
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:ドラム
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://tentwobug.blog.fc2.com/tb.php/77-2c68cb95
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。