-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-12-31 19:12 | カテゴリ:音楽あれやこれや
降り積もる雪を見るたびに思う。



この冬こそは、ウィンタースポーツに挑戦しようと…(;≧∀≦)







(続きは下のリンクをクリック)









結局実現できないほうに、1000ペリカ賭けよう。



ここで皆さん当然の如く疑問に思うであろう。



「お前にウィンタースポーツなんて出来るのか?」





案ずるな。



奇跡ともとれるほど運動音痴のこの私が出来るわけないだろ。

スキーが冗談程度に滑れるぐらいです。



大体ちっちゃい時から音楽ばっかやってたのだって、運動に自信がないからであります。



小学校のクラブ: 音楽クラブ



中学高校の部活動: 吹奏楽部



大学の部活動: 軽音楽部





うわー、インドア派。

思い返せば真面目に運動やったことって一度もねーや…





全国のドラマー志望の若者たちよ。

「運動神経無いからドラムはキツいかな…」というのは間違いであることが証明された。私が生き証人だ。

自信を持って取り組むといい。





ところで、私が何故ドラマーになったか、と人からよく聞かれる。

いつも「吹奏楽で打楽器やってたからですw」と適当に答えるのだが、

今日はもっと遡って考えてみる。



つまり、

『何故打楽器に興味を持ったか』





ここには童心ながらも色々と(?)思いが籠もってたんですわ。





小学生時代、

音楽クラブで活動していた私にはとある憧れがあった。



そう、木琴やら鉄琴やら、小太鼓やらなにやら。

普通、一つの学校に1-2個ずつぐらいしかない楽器。





何アレ、超目立ってる。超演奏したい |ω・`)





普段目立ちたくない私でも

楽器でなら目立ってもいいと思ってたみたいです。



でも、そういう楽器ってやっぱ結構人気だし倍率が高い。

皆同じ気持ちだったんでしょうね。



で、くじ運の悪い私は、

いつもアコーディオンを渡され、いっぱいいる中の一人みたいな感じで演奏してた。





アコーディオンも主旋律パートだから美味しいっちゃあ美味しいんだが、

私はどうもやっぱり木琴とかが叩きたかったらしい。





中学入学後、吹奏楽部の見学したときに、

打楽器パートに入れば色々楽器が叩き放題(ツーかそれしかやらない)って聞いたときは飛び上がるほど嬉しかった。

それで中学校から今に至るまで太鼓を叩き続けることになった。





もし私のくじ運が良くて、小学校のときに打楽器をやりつくしてたら、

多分中学のころには満足して、キラキラ光る管楽器に心奪われてたんだろうな。





多分そうなってたら今頃ドラムなんてやってないんだろうな。

本腰入れてジャズ吹いてたりしたのかなww(それもアツいな…w)





そうそう、書いてて思い出した。

私が初めてドラム叩いた曲は、ブラック・ビスケッツの『タイミング』だったw

その曲はまぁ必死に叩いてるだけみたいな感じだったんだけど、



その1年後か2年後に、『プラウド・メアリー』を演奏したんだよね。

エルヴィスバージョンみたいに最後のドラムソロ入りのヤツ。

へたくそなりに頑張ってやりましたよw



思えばあのときが私がドラマーとして覚醒した瞬間だったような気がする。

皆にもカッコよかったって言われたしw(残念なことに、女子高でしたが。)



あの時の「ドラム叩くのって目立てるし超楽しい(≧∀≦)」っていうのを味わいたいからして、

懲りずに今もドラム叩いてます。





多分発散したり自分を生かすことができるものだったら、

音楽じゃなくても、ダンスでも絵でもスポーツでも何でも良かったんだと思うw



たまたま音楽だったってだけさw



とうわけで何が言いたかったかというと







運動音痴万歳!(違う)







では、長くなりましたが、



2011年はありがとうございました。

来年も宜しくお願いいたしますm(_ _)m↓





では良いお年を!





さて戦場にでも繰り出すか…
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://tentwobug.blog.fc2.com/tb.php/67-af928f21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。