-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-11-11 18:49 | カテゴリ:くだらない考察、雑記など
日曜日に高尾山へ行ってきたせいで未だにケツが痛いです。



痔じゃないよ!筋肉痛だよ!!



普段使わない筋肉がいい感じに鍛えられました。

まぁ実生活で使わない筋肉なら鍛えられても意味無い気がするが。



それはまァ置いといて。



今朝、我が家に住み着いている家畜を散歩に連れ出していたら



どこからともなく話し声が聞こえてくる。




またどっかの老夫婦あたりが会話しながら朝の散歩を楽しんでいるのだろう、と別段気にせずに歩いていたら



声の主にばったり遭遇する。



そしてそこで意外な事実が判明する。



いやあの、老人であることに間違いはなかったんですが

複数かと思いきやそこには一人の人間しかいませんでした。



ワタクシが見たものは、一人のご老人が、手に持った何か(確認を怠ったため何を持ってたのかは不明ですが、おそらくレコーダー的なものかと推測)に向かって朗々と何かを語っている姿でした。



しかもワタクシの姿に気づいていないのか、もしくは気づいているのに気にしていないのか、構わず語り続けるご老人。



その内容がまた。



『長い人生だから。とても長い人生だから。』

『感謝します。宇宙の隅々まで感謝します。』

『☆@%$#+?Я¥*&』もうよく覚えてません)



いったいどこから電波を受信しているのだろうかと疑問に思ってしまうほど素晴s、いや、素薔薇しいお言葉を、まるで朗読家のようにはっきりとした通りのよい声で何かに向かって喋りかけるご老人。



一瞬 ( ゚Д゚) となりましたが、



まぁ、こんな人もたまにはいるよね。と思い直し、散歩続行。

歩く方向が一緒だったので大人しく後についていきました。(ご老人電波絶賛受信中)





歩きながら思った。



日本って、平和だなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://tentwobug.blog.fc2.com/tb.php/6-61949522
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。