-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-01 14:04 | カテゴリ:音楽あれやこれや
さて前回の記事で、
ビッグバンドにおいて私の持っている楽器は適用可能か?という疑念が持ち上がったわけだが


結果的に言うと、結局杞憂に終わり、
今まで使ってたメイプルのスネアに関しては大きな問題は無いっぽい感じだった。
(まぁ細かい事言うと、音程が高いという問題があるが、もうそこは目を瞑る事にした)

ちなみに、試しに使ってみたブラスのスネアは胴鳴りが結構激しくて違和感ありまくりだった。
裏ヘッドとか変えたら結構いけるかもしれないなーとも思ったが、
メイプルスネアでもそこまで問題が無いと分かった以上、金掛ける必要も無いと判断。
まぁ、今後暇があったら検証してみます( ・ω・)ノ


それよりも問題だったのは、大丈夫だと思ってたハイハット…というかハイハットスタンド。
コンボの練習のときに始めて気が付いたんだが、
意外とカチャカチャやかましい稼動音がした(今まで気づかなかった!)

そのコンボ練習と言うのが、ドラム(ハイハットとスネアのみ)とピアノのみのデュオでやったもんだから、
まぁそのカチャカチャ音が目立つ目立つww
可能かどうか不明だが、出来る限りちょっと調整で何とかしてみます(´・ω・`)


どうしても、ジャズは生音でやることが多いので、
ドラムは抑え気味にしないと目立ちすぎるんですよね。

受けたアドバイスとしては、

『ドラムは盛り上がりが最高潮になった直後に、
そのまま行っちゃうんじゃなくて意図的にグッと落とす。』



そうすると、他が情熱的なプレイをしてても、
全体的にクールな感じになるらしい。
な、なるほどぉおおおー!( ゚Д゚)


また、やっぱりドラムはちょっと叩いても結構音が鳴ってしまう楽器なので、
10段階にパワーを分けたとしたら、
普段のプレイは2-3割、一番盛り上がるところでもせいぜい8割ぐらいの気持ちでやるのがベスト、とのことで。
ですよねー(;^ω^)


今まで音量をそこまで気にしたことない私にとってはこのコントロールはまだ慣れない感じだが、
それは郷に入りては郷に従うということでやるしかない(;`・ω・´)


この『小音量で安定して演奏する』ってのは楽器やってる方は分かると思うが結構大変。
こればっかりは電子ドラムでは上手く練習できんしなぁ…
今更になって課題が増えて体が付いていくがどうか心配だ/(^o^)\
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://tentwobug.blog.fc2.com/tb.php/226-2b6ed56e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。