-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-30 19:29 | カテゴリ:音楽あれやこれや
先々週に引き続き、ビッグバンドの見学に行って来た。

本日は責任者の方がいらっしゃってたので、早速入団(?)希望を打診してきた。


まぁそれはそれとして、今日はとりあえず見学だったので、
ひたすら練習風景を観察。


休憩時に、ジャズとオールディーズでは叩き方が違うのか?
と団員の方から質問された。

私は幸いなことに最近はもっぱらレギュラーグリップなので、
その点に関してはOK(別にジャズだからってレギュラーでやる必要は無いんだけどね。)

オールディーズもウッドベースのウォーキングにあわせて4ビート叩くし、
スウィングだとかシャッフル的なレガートも叩く(つーか殆どこれ)ので、

そこまでメチャクチャ違うわけではない(と思う)、と答えておいた。

後はスネアだとかフィルだとかを勉強すれば…という感じである。
まぁ本当は他にも色々有るんだが…

そう、叩き方は良いとして(良くないが)…。

本当の問題は別にある。

何か?それはタイトルを見ればわかると思うが、


1曲が長い。
そして複雑。

これに尽きる。


ここ10年間ぐらい、大体3分ぐらいで終わる曲ばかりやってきたわけである。

まぁ5、6分有る曲もあるが、
大体Aメロ~サビ~の繰り返しだし、歌も入ってるしで、
とにかく覚えやすさが全く違う。

要するに今まで以上に、原曲を隅から隅まで頭に叩き込まなければならないと言うわけだHAHAHA!




(やべーどうしよう…)




暗記力の無さには定評のある私にとってはかなりの鬼門である。
譜面があるらしいのでそれが救いだ…が。

この譜面も、また10年以上触ってこなかった代物である。

練習中、頻繁に音楽用語が出てくるのだが、

コンマスの方『えーここフェルマータなんで注意して下さいねー』



…フェルマータってなんだっけ…(爆)



6年間の吹奏楽キャリアが聞いて呆れるわ。

って言われても仕方ないぐらい色々忘れているわけで。

とにかく、まずそこから学びなおさなければならないと言う現実を叩き付けられたわけだHAHAHAHAHA!


(やべーどうしry)
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://tentwobug.blog.fc2.com/tb.php/216-001e6e81
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。