-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-12-18 22:50 | カテゴリ:楽器、機材
DSC_0476.jpg


悩みに悩んだ挙句、結局購入。


Paiste FORMULA 602 THIN CRASH 18 である。


パイステのFormula602シリーズ、最初勢いでライドを買ってみたものの、
これがまた、お高い代物共なのである。

なので、ちょっとずつ揃えていこうと企んでいたのだが、

この度、ご縁があってJ&Bで演奏させていただく運びとなり、
最高のパフォーマンスで演奏したいという思いの方が勝ったため、
購入へと踏み切った次第。


(本音を言うと、ボーナス入った衝動買いである)


まぁそれは置いといて。

これ、実はヤフオクで買った中古品である。

あまり詳しいことは良く分からないのだが、
シリアルナンバーから照らし合わせると、70年代の代物らしい(出品者談)。

お値段20,000円。
新品で買うと35,000円弱はするので、まぁいい買い物だったかなと。

年季的には一応ビンテージと言えるのだろうか。
あまりそこまでは良く詳しくないけど、
シンバルはヒビ入ってたりしなけりゃ楽器として十分使える(と思ってる)ので、
まぁ古かろうが新しかろうがまぁ気にしない。

良い音がでりゃいいのである。

まぁ結果、12/15に間に合うかぎりぎりのタイミングで購入したのだが、
間に合ってほんとに良かった。

買って正解である。

クラッシュは、それまで 『ここぞ!』と言うタイミングでしか叩かなかった。
つーのは、いままでライブハウス備え付けのクラッシュ叩くと、

それだけ異様に目立つ、という事態になってしまっていたからである。

例えて言うと、今までずっと手塚治虫の絵で問題なく続いてたのが、
ページめくった瞬間急に漫☆画太郎の絵になるみたいなそういうイメージである。

スイマセン言い過ぎました。

要するに、備え付けのシンバルの品質がいくら良くても、
ちょっと私のセットとは相容れないってことが言いたかっただけである(漫☆画太郎は大好きです)。

まぁライブハウスってのは様々なジャンルのバンドが演奏する場なので
Formula602なんつう限定的な音質のシンバルなんか置くわけが無い。

と言うわけで今までは、クラッシュを多用するのを控えていたわけだが、
これならもう全然いけちゃいますな。

クラッシュでレガート叩いても問題ないぐらいのレベルである。
ヤフオク万歳である。


これで一応、私が揃えるべき楽器は一通り揃った形になる。
あとは、クラッシュ用のスタンドを買えばほぼ完璧。

…重量の問題があるからあまり気は進まないが。
関連記事
スポンサーサイト
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:ドラム
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://tentwobug.blog.fc2.com/tb.php/191-fdb8330b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。