-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-13 22:31 | カテゴリ:くだらない考察、雑記など
久しぶりにファッション(?)の話題。


現在、自分の耐えられる限界まで髪を伸ばしたらどうなるか地味に検証中なのだが、
長さはともかくとして、量がバサバサ増え続けるのについに耐えられなくなり、
先日美容院で量を減らしにいってもらってきた。


前回訪問より5ヶ月。
さすがにほっときすぎた(何か私最近こういうの多い気がするな…)。


痛んだ毛先をカットするぐらいなら私でもなんとかできるんだが、
量を減らしてもらうのはさすがにプロがプロの道具使わないと厳しいのである。


さくさくやってもらって、無事に頭すっきりになったのはいいんだが。


なぜか美容院に行く度に、決まって美容師さんに言われる事がある。



『普段髪って巻いたりとかしないんですか??』


(; ・`д・´)



えぇ。普段ちょっとめんどくさいって言うか…あんまクセが付かないんですよね。HAHAHA...



『そーなんですかー 
もし良ければ、巻いてみてもいいですか??』



( ゚Д゚ )


そしてサイドテーブルに目をやると既に用意されているヘアアイロン。


アレだろうか。美容師たるもの、長い物を見ると巻かずにはいられないというか、
そういう性分というか職人気質的なものでもあるのだろうか。

それともただ単純にサービスの一環とかなのだろうか。
そんなに巷では巻くことが流行っているのだろうか。
TWIST&ROLL!!てか。HAHAHAHAHAHA!!


まっぴら御免だ畜生め!!!


…とまぁ、無下に断る理由も無いので、
結果いつも巻いてもらうわけなのである。


思い返せば、同僚の女性にも、
『あー、ネイサンの髪、上から下まで全部編み込みにしてみたい!』

とか、

『アイロンでくるくるにしてみたい!』

とか、結構良く言われる。

もしかしたら美容師に限らず、
人間、長い物を見ると巻かずにはいられないのだろうか。
巻いておかないと落ち着かないのだろうか。

まだ人間がサルだったときに、
長い物を巻かないことで大変危険な目にあい、
本能が『長い物は巻け!』と警告しているのだろうか。


興味は尽きない。


…なんか話がまとまらなくなってきたので、
最後に、巻いてもらった写真で終了するとする(ドアップ恥ずかしいので顔は隠してありますお(^p^))





うーん、たまにだったらいいかな…。
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://tentwobug.blog.fc2.com/tb.php/183-a5ed6428
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。