-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-25 20:09 | カテゴリ:音楽あれやこれや
1345874294779.jpg

会社の後輩と先輩が所属しているビッグバンドの演奏会を郡山でやるということなので、ホイホイ行ってきた。

このバンドの演奏を見るのは今回で3回目である。

曲としてはI Can't Stop Loving YouとかIn The MoodとかApril In Parisなど、計10-12曲ぐらい。
スタンダードが多めでとても楽しかった。


中でも嬉しかったのが、Route 66がナンバーに入ってたことである。
それまでも十分楽しんでたのだが、いっそうテンション上がった。


さて、行ったからには当然ドラムのお勉強である。


DSC_0388.jpg


演奏会終了後のお忙しい中、バンドのドラマーの方に器材について色々話を伺った。
お時間取らせてもーしわけないです。
私は楽器の違いに関する知識が少し足りてないので、
これを機にちょっと学んでみようかと。
まーホントは自分で買って色々失敗したりするのが一番なんだろーけど…。

それはともかく、楽器の御紹介。
まず、セットの口径はHT14" FT18" BD20" と、ちょっと小さめのサイズ。

メーカー聞くの忘れたw
何か40年ぐらい前からずっと使ってるらしい。
下手したら作成年代はもっと前か?
ビンテージといっても差し支えないレベルですな。

それよりも目を引いたのはスネアドラム。
ぱっと見フツーの木製14"のスネアだが、
音がとても太い。
そして音量のダイナミクスもキレてる。

これは一体何だ!?と聞いてみたら、
SlingerlandのRadioking、メイプル単板のシロモンだそーな。

単板!

通りで太い音が出ると思った。
でもお高いんでしょう?と値段を聞いてまた仰天。
私のスネアが6個買える位でした。
恐るべしSlingerland…

まぁ値段によって質がどうこうとか言うつもりは無いんですが、
このスネアの音質、確かにとても聞いてて心地よかったでござるよ。
ビッグバンドの音量にも負けてなかったし。
いいなぁ・・・(ジュルリ)

続いてはシンバル類。
シンバルは専らZildjian派らしく、
それしか使ってないとのことで。

ライドのみKジル、他のは全部Aジル。
ハイハットはニュービートらしい。
噂に聞くとおり、明るくて抜けのいい音だった。

欲しいなー…と思ったが、
私が持ってるPaisteのシンバルだと相性がイマイチかも。うーん。


最後に、ペダル。
なんとLudwigのSpeedkingであった。

実はこのスピードキング、何十年も前からほとんど構造が変わっていない、
名器と呼ばれるペダルなのだが、
まぁ言うなれば、

『好きな人はホント好き、駄目な人にはトコトン合わない』

という、クーデレ系のヒロインですかと言わんばかりの人の選びっぷりでも有名であったりする。

いやーしかし、こんだけ有名なのに、使ってる人見るのこれが初めてかも…

何でこれ使ってんすか?と聞いてみたら、
他のペダルは戻りがキツ過ぎるけど、これは程よい感じでとても気に入ってるとのこと。
DW5000とかも勧められて使用したこと有るけど、結局スピードキングに戻ったらしい。
まんまとスピードキングの魔力にはまっちゃってますな。
こ、今度楽器屋で試奏してみようかな~…


とりあえず以上。
結論。

バンドにあった楽器選びって難しいねー

あー記事書いてたら楽器購入意欲がまた沸々と…
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://tentwobug.blog.fc2.com/tb.php/165-8ef11034
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。