-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-14 23:10 | カテゴリ:楽器、機材


Pearl S-1000

セッティングの時間削減を目的として導入してみた。

店頭展示処分品だったので7,000円ぐらいで買えた。ラッキー。

本当はもっと軽いやつが良かったんだけど…
いざという時にスタンディングにも対応できるようなサイズと、それに最低限耐えうる頑丈さで選んできた。


組み立った状態で持ち上げてみたら、『そんな重くないかな?』と思ったんだが、

袋に入れてもらって、店員さんから受け取った瞬間、






重いいぃぃぃぃいいいいいい!!!



予想に反する重さにビックリして危うくそのまま返品するところだった。


一体何kgあるんだと思って家帰って測定してみたら4kgもあった。

4kg!

大した事無いじゃんと思われるかもしれないが、
他にもたくさん運ぶものが有る中、4kgもの重量が加算されるのは中々辛い物がある。

スタンド用のキャリーバッグ的なものが必要だな…('A`)


ところで余談だが、楽器屋行ったついでに店に置いてあるスネアをいくつか叩かせてもらった。

そのとき店員さんと色々話したのだが、最近バーチ材が採れなくなってきてるらしくて、
あまり売らなくなっているらしい。
次回はバーチを手に入れようと思ってたので少しショックだ。

で、代わりに(?)紹介されたのが14インチ×6インチのアッシュ材というギターに良く使われてる材質のヤツと、
13インチ×6.5インチで、バーチと何かの木(忘れたw)を合わせた材質の小口径タイプ。

両方ともカノウプスだったかな?

アッシュ材のほうは、バーチ材より低音が響いてる感じがした。

小口径タイプは小口径だけど胴が結構深いので、響きは結構出る。
ロックにも十分使えそうだ。

ただ、ちょっと私の好みじゃないかなーという感じだった(;^ω^)
チューニングとヘッド張替えでかなり変わるとは思うが。

13インチのほうは案外安かった(15,000円ぐらい)だったのでちょっと心が動いたけど、
結局使わないだろうなーと思って止めといた。

でも、小口径欲しくなってしまった。
今度買うとき検討してみようw
関連記事
スポンサーサイト
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:ドラム
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://tentwobug.blog.fc2.com/tb.php/152-f9c722a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。