-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-06-19 22:21 | カテゴリ:楽器、機材
さて、先日記事にした通り、

ビッグバンドにて、バンドの機材に加えて自分の楽器を持込む事になった。


せっかく良いセットがあるのになんでわざわざ?と思われるかもしれないが、大した理由ではない。


もともとバンドにいらっしゃったドラマーの方(以下バンマス)の背が高くて、色々とサイズが合わなかったからである。


…同じバンドに二人以上ドラマーがいると、こういうデメリットがあります。


私は165cmでまぁ割と女にしては背が高いほうだと思うけれど、
バンマスはひょっとしたら180cm近く有るんじゃなかろうか。とにかく大きいです。
椅子が高いよ!足届かないよ!

あまりにもやりづらいんでスネアスタンドを下げようとしたら、

バンマス『あー、これね!位置あわせが面倒だからこれ以上下がらないように固定してるの!!』


ででで、ですよねー(ノ∀`;)


そりゃそうだ。誰だってそうする。私だってそうする。


しかしこ れ は ま ず い 


椅子下げたらスネアスタンド下げないと叩きづらいし、
かといって椅子下げなかったら踏みづらいしアワワワワワ∩(・ω・)∩



…というわけで残る選択肢は、自分の楽器を持ってくるということしかなかったわけだ。


激しくめんd(中略)まぁ仕方ないので色々持ってきた。

持ち込み予定なのは、
・スネア+スネアスタンド
・ハイハット+ハイハットスタンド
・椅子


以上3点。
奏者が入れ替わるたびに楽器をチェンジすると言う戦法。うーん慌しい。

しかし慌しい以上に非常に気になっている点が少々。

①私のハイハットだけパイステだけどこれって音合うのか??

②このセットに今までのバンドで使ってたスネアの音合うのか??



①はまぁしょーがないとして(ビッグバンドでformula602だと音細すぎる気もするが…)、
②は非常に悩ましい。

以前話したとおりバンマスの使ってるスネアは、
高級品なので音の鳴り方が全然違うのである。

かたや私のメイプルスネアはと言うと、
まぁ一応打面にダイキャストフープ張って鳴りは響くようにはしてあるけど、音色はカンカン気味。


武器の威力で例えて言うとバンマスのスネアはライトマシンガン
私のスネアはロングバレル付けてても所詮威力はサブマシンガン、という感じである。


あと、威力以前にこのカンカン音が他のタムと合うのかが問題である。


…うーむ心配…

つーわけで、一策。

DSC_0620.jpg


久しく使ってないこいつを出してみようかと。

こちら、かつて私がパンクロックとかをやってたときに愛用してたブラスシェルのスネアである。

ロカビリーバンドでは日の目を見なかったのだが、
いつかまたロックをやるときのために大事にとっておいた代物。

果たして今のバンドで使ったらどうなるだろうか?
ちょっと試してみたくて、つい持ってきてしまった。


これで埋もれずに良い感じに抜けてくれるようだったら、ブラスにしてみても良いかもしれないし、
逆に杞憂に終わって、意外とメイプルでもいけちゃうってパターンも有り得る。


いずれにせよ次回の練習で検証ってところですね。楽しみです。


しかしこのブラススネア、長らく使ってなかったので色々と状態が心配である。
見た目大丈夫そうだけど…アパートだと音出せねーしな…うーむ…
スポンサーサイト
2013-06-16 13:23 | カテゴリ:楽器、機材



遂に、というかようやく、というか、買いました。ハードケース。

何でこのタイミングで購入に踏み切ったかと言うと、

実はビッグバンドのほうで、私の楽器を一部持ち込まざるを得ない状況になった…orz(詳細は後日)

…今度は楽器運びで苦労しなくて済むと思ったのに…ブツブツ

まぁ仕方ない…(´・ω・`)

で、その場合実家から福島まで車で運ばにゃならんわけだが、

私の場合貧弱ソフトシンバルケース一枚しか持っていないため、
長距離の持ち運びはとても不安だったわけである。

ケースの値段調べたらそんなに高くないという事実が判明したため、ポチっちゃいました。


…こんなに楽器増えるってわかってたら最初からこれ買っとけば良かった…(ノ∀`)

SKBと言うメーカーのCV8と言うケースで、
ネット通販で値段は送料も入れて9,500円位。

最大22インチまで入るみたい。
そんなに大きいの持ってないからもっと小さいのでもよかったんだが、
あいにく安くて一番小さいのがこれだった。まぁ仕方ない。

上の写真で見てわかるように、ベルトでパチンと留めるタイプで、
出したり仕舞ったりは楽である。

(中には、フタををネジ止め式で固定するタイプもあるのです。これは意外と面倒w)

空けたときはこんな感じ。

DSC_0619.jpg


私が持ってるのは、20"ライド、18"クラッシュ、14"ハイハット(トップ、ボトム)の4枚で結構余裕があった。

間仕切りっぽい黒い布が4枚入ってたので、シンバル5枚ぐらいはいける設計なのかもしれない。


まだ買ったばかりなので耐久性のほどは未知だが、
基本的に楽器を運ぶときは自分の車に自分で積み込んで、自分の運転で移動というパターンなので
まぁそんなに無茶苦茶な事にはならないだろうとは思ってます。

いやーやっぱ良いです、ハードケース。
安心感が全然違うね!

一番は、立てて置いとけるってのが大きい。
タダでさえ我がアパートは狭いからな…orz

現在、クローゼット内を楽器が占領しているので、
また置き場所なんとかしないといかんなぁ…と思っている。ちょっと憂鬱…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。