-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-27 13:58 | カテゴリ:日常
先日、キャンプにいって釣りをしたという話をいたしましたが



美味しく食える魚が一切釣れなかったので



秋川にて兄貴とリベンジマッチを計画し



先週末行ってきました。





が。









川の水絶賛増量中でした∑(ノ∀`)



台風過ぎたあとだから良い天気になると信じた私がアホでした...



まあせっかく来たんだから一応やるかー

と、何となくやってみたんですが、まぁ釣れるわけ無いよね。



残念です(´・ω・`)





というわけで、近くの店でヤマメ食って、温泉入って帰ってきましたw





なかなかいい温泉だったので、今度また釣りとか関係無しに来ようと思います(≧∀≦)



ああそれにしても釣りはさんざんだった...次はせめて天気のいい日を狙って行きます...反省。
スポンサーサイト
2011-09-18 17:07 | カテゴリ:くだらない考察、雑記など
あまりにも肩こりが酷いので、耐えかねて昨日整体に行ってきた。



整体って初めて行ったんだが、最初に問診表見たいのを書くんですね。



で、そこに、『押す力はどのくらいがいいですか?』とか書いてあったんで、



うーん、『普通』だとこの凝りには物足りないのかなぁ。でも『強く』だときっとメチャクチャ痛いんだろうなぁ。それはやだなぁ。



と色々考えた結果(その間2秒)





「強め」



に丸をつけたんですが





大変なことになりました。





言葉で説明すると難しいんですが、

秘孔を突かれるってこんな感じなんだろうか、と感じたといえば分かるだろうか。





体が破裂せずに無事帰って来れたことを幸運に思います。





それはともかくとして、やってもらって改めて感じたんですが



私って左半身と右半身で筋肉の量全然ちげぇな…('A`)



押されてるときのハネっ返りの感じが左と右で全然違う。

特に顕著なのが足。



右はそうでもないんだが左ふにゃふにゃなのよね。



思い返せば、私が腰痛やら肩凝りやらに悩まれるようになったのって、

6~7年ぐらい前からだった気がする。





そう、丁度ドラムを本格的に始めた時期だ。





冷静に考えれば、ドラムって左と右で運動量が全然違うから、右ばっかりに筋肉付くのは必然なわけで。

右が4回叩いてる間左は1回しか仕事してない。つまり単純計算で4倍だ。



足に至っては、左なんてハイハット操作するぐらいだからほとんど負荷が無いに等しい。



そんなこんなであれよあれよという間に左が右に追いつかなくなりバランス悪くなって

アラアラアラアラ\(^o^)/という状況になったんではないかと推測する。



きっとそうに違いない( `・ω・´)



かといって、ドラムやってる人がみんな肩凝りやら腰痛に悩まされているかというと、それは違うはずなのだ(多分)



そういう人たちと私の差はなんだろう、と考えると…









…やっぱ幼少のころからの運動不足ですよね~~~(;≧∀≦)









たまにセットを左利き仕様に変えてみるべきだろうかと真剣に考えた。
2011-09-07 21:21 | カテゴリ:日常
2週間ぐらい前に、塩原にキャンプしに行きました。



ようやく実家から写真を送ってもらったので、今更ながらうp。



以下ひたすら写真(といってもリサイズめんどかったんで少ないです)







































以上。



皆の衆が期待しているようなサバイバルな状況は一切ありませんでしたが、メッチャ面白かったです。

まあ色々失敗もしましたがw

例えば2枚目の写真は燻製に挑戦した図なんですが、なぜか味が濃すぎて大変なことになってました。

漬け汁のレシピ絶対間違ってんだろアレ…



一番失敗したなーと思ったのはラジカセを忘れたこと。

好きな音楽かけながら酒飲んで満点の星空見るのってサイコーじゃない?





ちなみに、ご覧のとおり釣りもしたんですが、食える魚は一切釣れませんでした。

まー素人がやってもこんなもんでしょう。



一番最後の写真は兄貴が釣れたときの図。

オイラも同じのを釣りました。

何回か釣ったんですが全部ちっちゃかったんで逃がしました(というよりもこれしか釣れなかった)。

後から調べると、アブラハヤというらしく、すぐに食いつく釣りやすい魚だそうな。

しかも焼いてもあまり美味しくないらしい。うーん。



夏の最後に夏らしい事できてよかった。

来年も行きたい。



おまけ









なんだこの鉛筆は、と思われるかもしれませんが鉛筆ではないです。

実は釣りしたときに、重りが重すぎて浮きが沈んでしまったので、

どうすんべ・・・と思ってたら、親父がそこらへんに落ちてる木で急遽浮力の高い浮きを作ってくれたというわけ。



試してみたらマジでちゃんと浮きました。久しぶりに親を尊敬した。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。