-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-04 18:36 | カテゴリ:DIY


音楽活動の大半が関東となっているので、
楽器は実家の自分の部屋に置かせてもらってる。

しかし最近、セットだシンバルだスタンドだなどと、
際限なく物が増えていき、乱雑になっていく私の部屋。

そろそろ母の視線が痛くなってきたので、
ここらで金掛けて棚を作ることにした。

材料は、ホームセンターとかで売ってるイレクターと言う製品です。
パイプとジョイントを組み合わせて棚だとか机だとか、色んなものを作れるのです。

つーわけでお手伝い役の兄貴を連れて、ホームセンターへゴー!

結果、総額約\17,000-(パイプカッター込)

結構掛かったな…。
まぁ仕方ない。

しかしこれの良いところは組み立てが非常に楽なところ。
このまえの日曜日スタジオ入ったりなんだりで、帰宅が17:00近くになったんで、
あ、完成は次回帰省時かなー…なんて思ってたんだが、

結局その後2時間ぐらいでパパッと出来ちゃうレベルだった(兄貴に手伝ってもらいました。感謝!)

構造についてはあまり工夫しなかったのだが、
とりあえずキャスターつきで移動しやすいようにしといた。
それぐらいかな。

が、

まだ未完成な部分が多少…

一番下はスタンド入りのプラケースを置く計画だったんだが、
どの大きさの板を買って良いか判断付きかねたので、
まだ嵌め込んでないです。

また、2段目はシンバルを立てかけておこうかなーと思ったんだが、
そのまま立てかけると側面がめっちゃオープンなので、
なんかの拍子に倒れないかと何となく不安(;^ω^)

つーわけでその段は側面部分に網でも張ろうかなーと画策中。

改良したらまた報告いたします。
スポンサーサイト
2012-10-22 12:51 | カテゴリ:DIY
以前器材運搬に使ってる台車の改造についての記事を書いたのだが、

実は、9月にレコーディングしたときに早速ブッコした。

どこが壊れたかというと、
網でもなく、カラビナでもなく、

DSC_0383-2.jpg

この丸い金具の部分。

スティックやペダルを載せる分には問題なかったのだが、
レコーディングのときにあまりにも荷物が多いもんだから、
うっかりスタンド入りの重ーいバッグを吊るしてしまったのである。


結果、金具が加重に耐え切れず、
金具が歪んで吹っ飛んでしまったわけである。


耐加重の問題を考えてなかった…(ノ∀`)


つーわけで、安物はやっぱだめですよと。
それなりにしっかりしたもん買わないとだめですよと。





そこで購入したのがこれ。

見た目はあんま変わらないが、
十分に耐加重あるヤツに変更。何kgまでOKだったかは忘れた。すまない。
1個150-200円ぐらいだったと思う。

ついでにカラビナも200円ぐらいの良いヤツに変更。
丈夫さのほどは良くわからんが、80円のヤツよりかはましかと。

更に、ハイハット購入に伴い急増した荷物(主にスタンド類)に対処すべく、
新たな設備を導入。


それがこれ。


DSC_0425.jpg



衣装ケースと結束バンドだ!( `・ω・´)

設備って言ったからにはもっと大掛かりだと思われた皆さまにはこの場を持って深くお詫びいたします。


ちなみに衣装ケースはW400×D740×H180の薄い形のヤツ。500円ぐらい。
結束バンドは300円ぐらい。

まぁ使い道は何となく想像が付くと思われるが、

DSC_0426.jpg


まぁこんな感じでスタンドを入れて

DSC_0427.jpg


フタを閉じるっていう、ただそれだけである。

で、この上にドラムとかシンバルとかを載せるというプラン。
衣装ケースにはまだ余裕があるので、
今後クラッシュシンバルとか買ってもまだスタンドが入りそう。

まだ実際に使ってはいないが、
これで台車から荷物がはみ出すこともないし、マシにはなったと思う。

だがここで心配なのはまたしても耐加重。
衣装ケースが結構ちゃっちぃんダヨネ…(´・ω・`)

スタンドの重みで底が抜けたり、
ドラムの重みでフタが割れたりしないかだけが心配。

まぁ、暫く使ってみて、また異常発生したら報告します。
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:ドラム
コメント(0) | トラックバック(0)
2012-08-14 21:01 | カテゴリ:DIY
バスドラを持込にしてから、器材運搬に台車を使うようになったのだが、


DSC_0384.jpg

このように、柴犬一匹載せられるぐらいの大きさしかないので、
バスドラとシンバルを載せたら結構一杯いっぱいになってしまう。

なのでスネアをバスドラの上に載せて、ペダルは手に持って、
片手で台車をゴロゴロする…という、なんとも不安定な運搬方法で今まで頑張っていた。

カバンとかも持ってたりするとちょっと大変である。
しかも、ペダルが載せられないが故に忘れ物とかもしちゃったりして(詳細はリンク先参照)

これは何とかせんといかんなぁ…と思いたち、
先週末実践。

当初の予定では、
台車の手すりの部分に自転車のカゴみたいなのを付けよう思ったのだが、
問題点として、

・重くなる(これ以上重くなるのヤだなー)。

・収納時邪魔。

・↑…なので、取り外し可能にすると、施工と設計が面倒。

・材料費が結構高い(カゴだけで1,800円位したよ…)。

・丁度いい大きさのカゴが売ってない。


などと結構色々浮上。

どうすっかな~と、手伝い担当の兄貴(感謝!)とホームセンターでウロウロしながらあぁだこうだと議論

結果、

カゴじゃなくて網つければいいんじゃね?

という結論に至る。

さて、どういうことだい、と思われる方がほとんどだと思われるので、
以下に施工結果を御紹介。

=====================================================

☆材料

・リングつきカラビナ、U字ボルト (合計\340-ぐらい)

DSC_0379.jpg

2つずつ購入。
カラビナ単価\80-、U字ボルトは金具つきで単価\90-ぐらい。
台車の手すりの太さにあったボルトを買いましょう。

ただし、先に言っておくが、カラビナはもっと良いの買ったほうがいいかもしれない。
私が買ったやつは、使用開始2秒でブッコしました。

今時100均でも、もーちょっとしっかりしてるぞ…全く…

・園芸用(?)の網 1m×1m (\600-ぐらい)


DSC_0380.jpg


正式名称が解らない…が、園芸売り場に置いてありましたので。
切り売り1mで十分。

網目の大きさは、大きすぎないほうがいいと思われ。
私が買ったのは5cm四方だったか7cm四方だったか…まぁそんぐらい。

・インシュロック(結束バンド) (?円)


コードとかをまとめるアレです。
細くて短いヤツで十分。10本あれば安心。
ちなみに、これは父ちゃんから少し分けてもらったので、
値段は不明。でもあんま高くないと思う。

以上合計\940-ぐらい。


☆作り方


①U字ボルトとカラビナを手すりにつける。

DSC_0383-1.jpg


こんな感じ。


②網を加工

アイアンコブラの場合、
ハードケースがW×D×H=400×200×300ぐらいなので、

網をまず600程度の幅にカット。

で、半分に折って、
片側の端っこをインシュロックで留めて袋状に。

DSC_0382-1.jpg


こんな感じ。
敢えて片側だけにしたのは後ほど御説明。

③網をカラビナに引っ掛けて出来上がり



完成図。

スティックも入っちゃう。すばらしい。

左側が開きっぱなしで危なくね?
と思われるかもしれないが、
こうしておくと横からケースを突っ込むだけで収納できるのでとても楽なのである。

特にライブ後のドタバタの中で細かい作業が増えたりするのが結構面倒なので、
作業手順を減らす意味でこうしてみた。

ちょっとしたインダストリアル・エンジニアリングである。
あ、こういうと仕事してるみたいな感じでヤだな…(´・ω・`)

ただ開きっぱなしだと運んでるときに不安なので、
あとでカラビナなりマジックテープなりくっ付けて簡易的に閉じられるようにしようと目論んでる。

=====================================================

以上。
ちなみに施工時間は30分掛からない程度。

カゴつけたりすると、穴あけたりとか金具作ったりとか色々面倒だが、
このやり方で時間短縮にも経費節約にもなった。いぇい。


ただし、まだ実際に使ってはいないので耐久性は不明。

まぁ壊れたらまた御報告ということでw


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2012/10/22追記

若干壊れたので、こちらの記事に改善点とか書いときました。

御参考までに。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【ジャンル】:音楽 【テーマ】:ドラム
コメント(0) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。